2014年10月18日土曜日

寛ぎの場所

 だいたい1か月ほど前に、
友人からとても座り心地の良いソファを譲ってもらい、
リビングの一角に置きました。
身体が沈み過ぎず、固すぎず、
何とも座り心地がよい作りです。
ゆっくりお茶飲みながら映画鑑賞でも…♪
 日々立て込んでいて、なかなかゆっくり出来ないけれど、
こんなソファがあったらきっとゆっくりする時間を作って
寛ぎながらお茶を飲めるだろう…、
そんな希望と野望(!?)を抱かせてくれたソファです。

ところが…!
おたま「ネックロックよ!」
玉露「お姉ちゃん、ヤメテでしゅ!」
 ヒトの為にと設置したはずのソファは、
念入りなイタチチェックの後に、我が家のイタチ達に
占領されることとなりました。

ある時はバトルごっこのリングとして…。
玉露「なんでぼくのコレクションがここにあるでしゅか!?」
ソファの下にあったオモチャ達(ごく一部)
 洗濯物を含め、オモチャは全部このソファの下にイタチの手によって
移送され、巨大な秘密基地と化していました。
玉露「こっち来るでしゅ!!!」
せっせとムキになってオモチャを運んでいるのは
この玉露の仕業で…。
けだま「このおもちゃはここに置くんだから!」
こだわり屋の長男・けだまも、
もれなくオモチャの置き場所をソファの周辺に定めました。
おたま「ここで袋遊びよ♪」
 もはやヒトが腰を掛け、のんびりとした時間を過ごすのは
夢のまた夢となるのだろうか?

 そんな一抹の不安を感じさせずにはいられない程に、
ソファにご執心のイタチ達。
けだま「これは下なの!」
寛いでみれば、
背もたれと自分の腰の間を「フサッ」とした長いものが
通り過ぎて行き…、
ヒトの膝の上を平然と超えていく我が子達…。
けだま「zzz…、もういっぱい遊んだよ~♪」
それでもこんな満足気な寝顔を見せられてしまっては、
まぁいいか♪と
ソファの下に座ってその寝顔をデレデレと見つめてしまうヒトなのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿