2014年3月4日火曜日

遊びの温度差

ある日の事。
けだまが何かモゾモゾするモノを発見。
けだま「ンンン?何だろう」
 中途半端にひっくり返ったマットが、
もぞもぞと動いています。
おたま「ばぁっ!」
けだま「おっと、やっぱりおたまか」
 勢いよくマットを跳ね上げて出てきたのは、
妹のおたま。
おたま「けだまお兄ちゃん!もっと驚かなくちゃ!」
けだま「そりゃ、驚いたよ~。」
 けだまの驚き加減がアッサリしていたのが気に入らなかったのでしょうか?
日向ぼっこで気持ちよくなっているけだまに、
おたまはおヒゲピンピンでお怒りモードです。
おたま「せっかくビックリさせてあげようと思ったのに!」
けだま「なんで『せっかく』なの!ぼく、お願いしてないよ!」
…言わんこっちゃない。
ちっちゃなケンカが始まってしまいました。
おたま「お兄ちゃんなんて、こうなんだから!」
けだま「おたま~、ヤメテよ~」
遊んで欲しくてたまらないおたまと、
日向ぼっこをしてのんびり過ごしたいけだま。
今日も賑やかな追いかけっこで、
ヒトの足元は賑やかですw

0 件のコメント:

コメントを投稿