2013年10月31日木曜日

小さなイタチの、大きな公園世界のお散歩

ひょっこりとケージから顔を出したけだま。
けだま「ここ、久しぶりかも~」
 そんな風に感慨深いけだまとはと違い…、
おたま「面白い所はないかしら?」
 ケージから真っ先に飛び出し、
早速周囲を探索するおたま。
安比奈親水公園
 10月中旬の頃になりますが、
この日、やって来たのは安比奈(あいな)親水公園
(川越市HPより)
穏やかな天気の日に、
ちょっとお散歩に出かける時間がとれたのは久しぶりの事。
 家からそう遠くないこの公園で、
約半年ぶりのお散歩となりました。
おたま「こっち、こっちがいいの!!!」
 お外お散歩が久しぶりだったおたま。
リードが付いているのもお構いなしに
グイグイとヒトを引っ張って行きます。
けだま「ぼくはノンビリと出来ればいいんだ♪」
 一方、マイペースなけだまは
ノンビリと芝生の上でおたまの様子を見ています。
おたま「早くついてきて!」
 興味をくすぐられる物全てに、
とにかく向かっていくおたま。
全身から「好奇心」と言う名のオーラが漲っています。
けだま「じゃ、ぼくも行ってみようかな?」
 けだまもやっぱりウズウズし始めて…、
ゆっくりと走りながらあちらこちらを探索し始めます。
おたま「まだまだ行くわよ~♪」
 大きな公園の面積からしてみれば、
けだまやおたまの冒険範囲はほんの僅かな小さな世界。
そんな範囲でも、空は雲が流れて、
風が身体の周りをそよいで…、
辺りからは色々な音が聞こえて…。
足元は芝生だったり土だったり、葉っぱが落ちてたり…。
けだまとおたまにとっては大冒険の世界です。
おたま「お兄ちゃん、もっとホリホリしに行きましょうよ♪」
けだま「おたま、ちょっとお水飲みに行こうよ~」
いっぱい走って探索して、「抱っこ~」と
ヒトにしがみついてきた頃が、
お外遊びの終わり時。
けだま「おたま、どこ~?」
おたま「お兄ちゃん、見つけられるかしら?」
「特別な日」という訳ではないけれど、
ちょっとこんな細やかな休日のお散歩の日。
また、遊びに来たくなる楽しい時間を過ごすことが出来ました。


0 件のコメント:

コメントを投稿