2013年7月16日火曜日

イタチ的米袋会談

今日も大好きな米袋からお顔を出して、
こちらの様子を窺っているけだまです。
けだま「一緒に入る?」
せっかくのお誘いではありますが、
 さすがにヒトは米袋の中には入れません。
けだま「じゃぁ、君が一緒に入る?」
 するとけだまは、
恐竜さんを米袋の中へと連れて入りました。
おたま「ふぅ、何だか密度が濃いわ!」
 すると、その奥から出てきたのはおたまです。
米袋の中には一体何が入っているのか、
不思議でならない瞬間です。
おたま「けだまお兄ちゃん!お外で遊びましょうよ!」
けだま「おたま、元気だね~!」
 米袋の奥から出てきたけだま。
おたまの積極的なお遊びの誘いに、
ちょっと戸惑い気味の様子。
おたま「わたしと恐竜さんと、どっちが大切なの!?」
けだま「うううっ!勿論、おたまに決まってるじゃないか」
ケンカ中の恋人のような小さなイタチの詰め合いが始まります。
せっかく袋の中へお誘いした恐竜さんは、
いつの間にか外へと追いやられます。
みんなでお話合い
 そこで、もう一度恐竜さんを袋の中へ案内して、
けだまとおたま、恐竜さんの三者で
キッチリお話合いをしてもらう事にしました。
けだま「みんな仲良しなんだよ!」
 けだまの目が力説しています。
おたま「わたしだって、お兄ちゃんも恐竜さんも大好きよ!」
 おたまも同じなんだそうです。
でも、一緒に遊びたい気持ちがとっても強いのでしょう。
お転婆・おたまのアプローチはちょっと積極的です。
けだま「おたまはいつも元気だなぁ」
 そんなお転婆な妹・おたまを
平べったくなって見つめるけだま。
おたま「お兄ちゃん、何処にいるのかしら?
 常に飛び掛かる体勢で元気いっぱいのおたま。
兄・けだまの姿を求めて常に走り回っています。
けだま「ボールだよ、おたま」
おたま「どこに持って行く?」
ケンカしたり、一緒に協力して遊んだり、
イタチなりに毎日の二人の生活は充実しているように
見られるこの頃です。

0 件のコメント:

コメントを投稿