2013年7月1日月曜日

温泉保養士認定書が届いて・・・。

温泉保養士の合格通知書が届いて一週間。
かなり大きなステッカーw
 大きなステッカーと共に認定証が届きました。
実際はちゃんと本名です
 講習自体は3日と言う短い間ではありましたが、
その中身は、休憩時間を惜しむような内容の濃さに満ちていました。
最終日には、久方運動をしていない身体に鞭打つように、
ストレッチ体操の実習も盛り込まれて、
あらゆる関節をポキポキ鳴らしながらの受講でした。
尻焼温泉の成分分析書はどこにあったかな?
 学んだことの内容は、
あくまでも座学としての知識。
無味乾燥な知識に必要なのは「経験」
両方が合いまってこその、
初めて自分の中で「実りのある」ものとして、
生きてくるのだと思います。
この温泉の成分分析書、ちゃんと見直してきたい!
 温泉は数多くあるけれど、
やっぱり先ずは、効能の知識もそこそこに入浴してきた
身近な温泉を改めて深く知りたいものですw。
今思えばあの温泉、この温泉の泉質は
何だったんだろう!?と体感してきた気持ちよさを
補う知識との照合をしてみたい好奇心が湧きたちます。
酸性泉の代表格、まだ未経験なり
反対に、「てっぱん」とも言える各地の名湯・秘湯の
良さとはどんなものなのかを
先に知った「知識」を持って行って浸かって来たい欲求が
湧き起こります。
これは、何処に貼ろうかな…?
 受講の際のテキストだけでは
満足しきれなくなった私は、ついつい本を購入。
しばらくは読む本に困る事はないようです(笑)。
学生の時のように何でもかんでも知識を詰め込むのは
お腹いっぱいですが、
好きな物への探求と知識欲は、
なかなか潤い満ちる事は難しいようです^^;。

0 件のコメント:

コメントを投稿