2013年6月26日水曜日

撮影モデルの後のまつり

前回の記事で、
けだまとおたまに撮影練習のモデルになった事を
お話しましたが…、
けだま:ヘローン…
モチロンご本人達は抱っこばかりされて
飽き飽きする事、この上ない状態です。
おたま:ふぁぁぁぁっ!
ギャランティーのバイトをあげた後は、
思う存分遊んでもらおうとスタンバイしました。
おたま:いっぱい遊ぶんだから!
ドレスを着ていようが、
そんなことは一切お構いなしで、室内をいっぱい走るおたま。
すっかり眠気眼になっていたけだまも、
トンネルの中でしばらく「ククククッ♪」と遊んでいました。
しかし、ふと気配を感じて振り返ってみてみると、
カーペットの上に伸びているけだまの姿が…。
じー・・・
 「け、けだま・・・」
 声をかけても微動だにせず。
けだま「…、ふぅ」
 やっと反応があったと思いきや、
それは大きな大きなため息でした。
そう言えば、この日のお昼間、
けだまはおたまと思いっきり遊んで、
大興奮していたのを思い出しました。
もうネムネムの境地に達していたのでしょう。
そんなお疲れ様のけだまに
マッサージをしようと膝に持ち上げようとしたその時、
おたま「いっぱい走って落ち着いたわ~」
 縦横無尽に走り回り、あらゆる障害物をなぎ倒し、
お水を飲んで一息ついたおたまが戻ってきました。
おたま「けだまお兄ちゃん、一緒に遊ばないの?」
 さすがのおたまも、
この脱力っぷりを見て
遊びのお誘いを控えたようです。
おたま「じゃぁ、今度はおもちゃで遊んでこようかしら?」
まったりとマッサージを受けるけだまを余所に、
まだまだ目が輝いているおたま。
しかし、その日の夜は二人ともいつも以上にグッスリ眠っていました。

よく遊び、よくお手伝いをしてくれた一日でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿