2013年5月31日金曜日

信楽焼の里 陶芸の森にて

5月5日子どもの日は
道の駅「こんぜの里りっとう」で
清々しい朝を迎えました。
清々しい朝
そこからいーちゃん(E-Spirit)に乗って移動し、
私達、花情和楽一行が着いたのは
 信楽の陶芸の森
お水とおやつ(バイト)を持って、
けだまとおたまも一緒にお散歩です。
陶芸の森
 この広い公園の中で行われていた
「第7回しがらき作家市」。
tougeinomori
記念に一枚、撮らせて頂きました(^^)
 ここでSNSでお友達になって頂いた
陶芸家の山本 秀和さんが出展なさっていると伺っていたので、
是非お会いしたいと思い、乗り込んだ(?)次第です。
おたまが大人しく抱っこされてる!
山本さんご本人も奥様も、息子さんも
笑顔のとても素敵な皆さまでした。
突然の訪問にも関わらず、
温かく出迎えてくださり、嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

初めて見るフェレットに興味津々かつ、
とても可愛がってくれた息子さん。
珍しく大人しく抱っこされているおたま様子も
普段のお転婆っぷりがどこへやら(笑)…。

温もりある土の恩恵である陶器の作品の数々。
いつかゆっくりと山本さんの作品の数々を拝見したいと願っています。

作家市の広場から少し離れた所で、
今度はけだまとおたまのお散歩です。
おたま「なにかしら?掘っちゃうわよ」

広い原っぱだけなのかと思いきや、
所々に陶芸のオブジェが置かれている、
楽しい広場です。
けだま「ぼくは陶器じゃないよ、イタチだよ」
イタチ的にお散歩をしながら陶器に触れていきます。
おたま「ここが良いかしら?」
しかしやっぱり、
けだまとおたまにとっては、
けだま「掘っちゃうからね」
 陶器になる前のホリホリ出来る土の方が
大好きなご様子ですw。

大満足!

ヒトにはあまり視界に入らない
このベンチの下がけだまやおたまにとってはお気に入りの
ホリホリポイントになっていました。 

けだま「ぼく、濡れたくないよ」





おたま「ここを渡るの?」
ちなみに
小さな川に対するけだまとおたまの反応はまるで正反対w。
最近、旅の途中でも
「出して!遊んで!」アピールが多くなったけだまとおたま。
(特におたまが…)
この信楽のこの地でしっかり遊んでもらい、
満足してぐっすりお休み出来るように計らいます。
森のトンネル階段

 どこに行ってもけだまとおたまが好きなのは、
このアスファルト舗装の無い、
木と土でできた階段です。

けだま「よいしょ」
 階段を昇ったり、階段の脇から昇ったり…、
おたま「まだ階段あるかしら?」
 誰も来ない階段をゆっくりとイタチペースで登って行きます。

 そして、
登り切った所に出たところで…。

あれ?お顔似てる?

 信楽焼のシンボルともいえる存在、
タヌキさんと記念撮影をさせて頂きました。


その後は沢山のタヌキさん達に見送られるように、
私達は陶芸の森を後にして、
家路へと着くことにしました。
カエル「あれ?もう帰る?」
タヌキさんだけでなく、
カエルさんにも見送られて…w。
何だか旅の終わりが名残惜しい

楽しく充実した旅の後の翌日。
私達花情和楽のランチタイムは…。
山本 秀和さんのお皿で炒飯を頂きました。
大きくてもあまり重さを感じない、
とても使いやすいお皿です。
この後も、麺類を盛り付けたり、
ワンプレートランチにしたりと大重宝です。

どんなお料理も優しく包んでくれるようなお皿。
食事の時間が楽しくなっている昨今です。

0 件のコメント:

コメントを投稿