2013年4月5日金曜日

海沿いの合掌造りの館

房総半島デビューの私達の旅は、
ふとしたところでご縁と言うものに巡り会います。
SNSで私達とお友達になって下さった、
富津市に行くなら是非此処へ!とお勧め情報を頂きました。
 とても美味しい珈琲を頂けるとの事。
教えて頂いたデータを頼りに着いた場所は
海沿いなのに、雪国仕様のはずの合掌造の建物。
そこは「cafegallery えどもんず」。
このcafeのある合掌館はもとは白川郷のもの。
ダムに沈む直前に移築され、
多くの方の手によって修繕され、
今を生き続けているのだそうです。

 閉店時間ぎりぎりに滑り込み、
ごついカメラを持って店内に入った私達を
温かく迎え、声をかけてくださったマスター。
日没も近い時間、
ほんのりと薄暗くなった建物の中は
仄かに灯る明かりで、
初めてなのにどこか懐かしいと感じる雰囲気を
醸し出していました。
そんな趣に惹かれて、
ぼんやりと照らし出された室内や物の数々を
夢中で撮っていた私達に、
夕陽が沈む近くの絶景ポイントを教えて下さったマスター。
この日もまた夕陽には出会えませんでしたが、
お陰様で
ほんのりと赤く染まった綺麗な空に出逢えました。
戻って来てみると合掌館の辺りは、
すっかり暗くなっていましたが、
優しげな明かりとマスターのニッコリした笑顔に
「お帰りなさい」とお迎えしてもらえました。

ゆったりとした穏やかな時間が流れます。
優しく包まれるような空間の中で、
時間が過ぎるのも忘れて、
マスターとの談笑が続きます。

2 件のコメント:

  1. 4枚目の写真に、横に一列、鴨居上に並んだ4枚の絵。

    https://www.facebook.com/surfandart

    新しいアドレスのHPに載ります(^-^)

    返信削除
    返信
    1. >MOGIGRAPH 様
      ご紹介、ありがとうございます(^^)
      素敵な絵と思い鴨居の下から拝見しておりました♪
      ゆっくりと拝見したいと思います!

      削除