2013年4月17日水曜日

ビニール袋の中の乙女心

目を輝かせて疾走するけだまがいます。
けだま「あ!あれは…!」
 その輝く瞳の先には…、
けだま「わぁ~い♪」
 久々に舞い降りてきたビニール袋がありました。
条件反射の如く、
潜りこんでいくけだまです。
けだま「最高~♪」
 いっぱい潜ってガサガサ出来て、
大変ご満悦の様子です。
おたま「けだまお兄ちゃん、楽しそう!」
そんな様子を見ていたおたま。
ダッシュでけだまが戯れるビニール袋へと向かいます。
おたま:シャァッ!
けだま:!?
 ついついなのか、
完全に襲撃スタイルで袋に侵入するおたま…。
ガサガサガサ…
 しばらく二人でじゃれあっていましたが…。
何故かおたまは怒って出て行ってしまいました。
けだま「おたま、どうしたの?」
 けだまも急なおたまの怒りにキョトーンと見送るばかり。
白いビニールの中で一体何があったのでしょうか?
 その後、けだまも出て行った後に、
ガサッとビニール袋に再侵入するおたまの後姿がありました。
おたま「お兄ちゃん、来ないかなぁ~?」
イタチと言えど、お年頃の女の子の心は判りませんw。
けだまが来るまで身を潜めて待つおたまの姿がありました。

0 件のコメント:

コメントを投稿