2013年3月20日水曜日

群馬三大梅林を巡る(秋間梅林)

3月17日、真夜中の事。
数多くのカメラ機材をいーちゃん(E-Sprit)に詰め込み、
けだまとおたまを抱えて、
私達「花情和楽」一行は群馬に向けて出発しました。

予てから群馬の三大梅林を巡りたいと言う欲求と、
リニューアルしたカメラやレンズの試し撮りをしなければならない!
と言う向上心(笑)がかけ合わさり、
開園時間に合わせて撮影を始めるための
半ば強攻スケジュールです。

実をつけ始めた蝋梅(5D MarkⅡ70-300mm)
仮眠をとらせて頂いた「道の駅 みょうぎ (富岡市HPより)」の朝。
カメラの準備と称しつつ、
駐車場でついついシャッターを切る私達w。
妙義山「大の字」(1DX 50-500mm)
夢中になりそうなのを堪えて、
カメラをしまいこんで、先ずは
秋間梅林 安中市HPより」目指しました。
いーちゃんと梅と蝋梅と
ナビとあちらこちらにある看板を頼りにやって来た、
群馬三大梅林の1つ目「秋間梅林」
満開
 白に紅、ピンクの色とりどりの梅の花は
満開となり、咲き乱れていました♪
ですが、実はこの日は午後から雨が降るとの
天気予報でした。

 青空が見込めなさそうではありましたが、
折角来たからにはこの彩り豊かな梅の花を
撮らずに帰る私達ではありません。
夢中で撮り続けてしまいました♪
 秋間梅林には35,000本を超える梅の樹があるそうです。
丹念に見て回ったら1日では足りないのかも知れません。
 梅の香りと鮮やかな色彩に囲まれながら、
青空を待ちつつ、
梅の花の撮影に没頭してしまいます。
 美しく可憐な色の花は、
寒く厳しかった冬の終わりを告げて、
いよいよ春に入ったことを
教えてくれているようでした。
 どの梅の樹も、枝をびっしりと埋め尽くすような勢いで
咲いていました。
びっしり!
生憎のガスのかかったような曇りでしたが、
考えてみれば、梅は学問の神様「天満宮」のシンボルでもある花。
初めて使うカメラやレンズの「お勉強」と言う意味では、
ちょうど良い課題モデルとなってくれたのかも知れません。
おたま「あら、素敵なお花♪」
 いーちゃんの中でぐっすり眠るけだまと違い、
元気に起きていたおたま。
ちょっとだけ梅の花とご挨拶ですw。
もう少し、撮り続けたい気持ちを何とか抑えつつ、
天気のご機嫌も気になる私達は、
次の梅林「榛名梅林」を目指すべく、
いーちゃんに乗り込んで出発をしました。

0 件のコメント:

コメントを投稿