2013年1月20日日曜日

地元・川越氷川神社へ

今年も4か所のとても縁を感じる
神社へ参拝をさせて頂きました。
最後の4か所目はやはり外すことは出来ない、
地元・「川越氷川神社」です。
鏡割りの日前日に行ったので、
何とか初詣の期間に伺うことができました。
市街地にある神社ですが、
やはり神域として長い歴史を持ち、
鳥居をくぐると街の喧噪さは気にならなくなります。
こちらは縁結びでとても有名な神社です。
しかし決して大きいとは言えないその神域には
五柱もの神様が祀られています。
拝殿の裏には数々の末社とご神木へ繋がる道
またパワースポットとしても有名です。
三が日の初詣は何時間も並ばなければならないほど、
沢山の参拝者が訪れます。

今回も三峯神社と同様、
落ち着いた気持ちで参拝させて頂けるように、
少々日をずらして行きました。
2本のご神木は注連縄で結ばれています
川越神社のご神木は
その二本の木の間を八の字を描くのが習わしです。
一本はその先端が倒壊してしまったのだそうですが、
周囲のどの宮にも建物も巻き込むことなく倒れたそうです。
その倒壊した部分は
神社の建材として数年後にこの氷川さんに帰ってくるそうです。
可愛い干支御籤
街中と言う土地柄のせいか、
沢山のお守り&御神籤が所狭しと置かれて、
その御籤を結ぶ笹の葉が、
結ばれた御籤の重さでかなり撓っています。
地元・川越を核として
私達花情和楽は沢山の旅と仕事を、
そして旅先でのご縁を頂いて参りました。

安全に帰る拠点があるからこそ、
旅と仕事を続けてこれた事に感謝しています。
ご神水も湧いている神社、煮沸して飲むようにと。
そして、今年も「一年安鯛」の御神籤を
させて頂くと…。
釣れた!
なんと、E.Nは大吉を釣り上げました。
大吉だ~
ちなみに私は小吉でしたw。


その神社の神の言葉である御神籤。
現代人の私達にはやや難解な言い回しではありますが、
その言葉の中身を大切にしつつ、
今年も良い1年だったと振り返られる
生き方をしていきたいと思います。

ありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿