2012年11月18日日曜日

夜と朝の境

先日、久々に家で早起きをしました。
家のベランダは
その先に高い建物は見当たらず、
遠くさいたま市まで見渡すことができます。
黎明
ちょっと座れば何物にも遮られることなく
空と雲、星だけを見上げることができます。

この後、この写真のちょうど真ん中辺りに太陽が昇ってきます。

黎明。

静かに夜が明けようとしていました。

どんなに辛くても長く感じても、
やがては朝が来る。
私は毎日そう信じて、月のない夜も過ごせています。

0 件のコメント:

コメントを投稿