2012年10月5日金曜日

龍王峡を歩いてみよう

国道121号をどうやって帰ろうかと
ぎりぎりまで悩んだ挙句、
気の向くままに龍王峡に立ち寄る事にしました。
川に沿って…。
 暑いし、眩しいし、険しそうな龍王峡。
けだまとおたまはゴメンナサイだけど、お留守番。
(キャンピングカーには換気扇があるので、皆様、どうかご安心を!)
行ってきます!
 立ち並ぶお茶屋さんのつまみ食い試食お誘い攻撃を
しっかり受けながらも(笑)、
カメラを手に龍王峡を目指します。
森林の道
結構険しい道を降りて目の前に広がったのは…。
虹♪
 豪快に注ぐ「虹見の滝」と虹。
この音を伝えられないのが残念!
 昨晩の台風の影響もあるのかどうか、
あちらこちらから降り注ぐ滝の勢いは
周りに天然のミストをふんだんに発生させて…。
虹見の滝の上
とても心地よい空気に包まれていました。
 ハイキングコース全部は無理でも、
もう少しその先に行きたくなるのは必定w。
トカゲさん
 道の途中でトカゲさんと遭遇し、

 渓谷を挟む橋から見る滝には
まだ虹が輝いて見えます。

 その自然の雄大さに、
何とも自分の小ささを感じる瞬間。
近くには電車も道路も走っているはずなのに、
何もかもかき消すような勢いの水の音と、
視野に広がる大きな存在。
底なし沼
 散策する人もほとんどいないので、
自然の世界だけが広がります。
じぃっ。
 途中、ある方と睨めっこをしてみました。
苔生す道
 暑い日にも関わらず、
森の中は心地いい風が通ります。
むささび橋から
 森から出れば、再び広がる大きな渓流。

 ほんの一時間廻ったくらいでしたが、
全てのものが大きく感じられました。
再び森の中へ…。
 森の涼しさに癒されながらも、
日頃の運動不足が祟りはじめます(笑)。
しかし、
いい空気を沢山吸い、土や木を踏みしめて歩くうちに
身体や心の奥に染みわたる心地よさを覚えます。
最後はあなたでしたかw。
最後にご挨拶に出てきた小さな蛇さん。
龍王さんがご挨拶に出てきてくれたのかも知れませんw。

わずかな時間ながらも、
普段は得られないものを頂くことが出来ました。

0 件のコメント:

コメントを投稿