2012年10月24日水曜日

遊んでいたけだまがダッシュして向かった先、それは
けだま「なんかあるよ!」
真っ白な箱。
けだま「箱だぁ~」
 ボール遊びに夢中になっていたおたま。
おたま「ボール待て待て!
 いつの間にか箱の前に佇んでいました。
おたま「箱だわ」
 「箱」にはイタチの心をくすぐって止まない
「何か」を秘めています。
おたま「入ってみようかしら?」
 おたまが意を決して箱に入ろうと顔を上げると…。
おたま「あっ」
 既に兄・けだまの姿が…。
おたま「わたしも入ろうかな?」
 箱の中を覗き込んだその瞬間、
けだま「出ようっと」
おたま「・・・。」
既に満足していたけだまは箱から出ます。
けだま「やっぱりもう一回!」
そしておたまが入ってから、また箱に入り込むけだまです。
ぎゅうぎゅう
 小さな「箱」はやがてけだまとおたまで
いっぱいになりました。
けだま「うん、なんだか落ち着くんだ」
 出たり入ったり…。
別の遊びをしてはまた「箱」に戻ってきたり。

やはり「箱」はイタチにとって強力にひきつける力を持っていますw


0 件のコメント:

コメントを投稿