2012年10月16日火曜日

おススメの米袋

ある時、けだまとおたまの前に
こんな↓米袋が置かれました。
中身は既に米櫃へ。美味。
 早速そんな気配を嗅ぎつけるけだまとおたま。
けだま「あれはなんだろう?」
目を輝かせながら飛び出すけだま。
しかし、先に米袋にたどり着いたのはおたまでした。
おたま「また新しい袋が来たのね」
一見、興味がなさそうな顔で近寄ってきたおたまですが…。
おたま「クククッ♪」
 しっかりと袋の魔力に取りつかれていました。
おたま「これはきっと、けだまお兄ちゃん向きだわ」
 しっかり中でガサガサ遊びながら出てきました。
おたま「けだまお兄ちゃん、楽しいわよ!」
 兄思いの優しいおたま。
まだ来ないけだまを呼びに行きます。
おたま「けだまお兄ちゃんなら、きっと気に入るわよ♪」
けだま「そう?じゃあ、入ってみるよ♪」
ちょっと入りにくそうだったので、
入り口を少し丸めて…、さぁどうぞ。
けだま「お米の香りだ」
慎重にチェックを開始して…。 
けだま「何もいないよね」
 ちょっと遠巻きに入り口を確認して…。
おたま「どう?楽しいでしょ♪」
けだま「うん。楽しいよ、居心地もいいな」
 米袋がすっかり気に入ったようです。
出たり入ったり、袋の中から「クククッ♪」と
嬉しそうな声も聞こえます。
けだま「はぁ、落ち着くなぁ~」
トンネルでは活発に遊んで動き回るけだまですが、
米袋はゆったりと落ち着く場所として気に入ったようです。
おたまに勧められて嬉しかったのかも知れません。

ふくろからちょっと顔をだしてのんびりと過ごしているけだまでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿