2012年9月5日水曜日

四万温泉での朝お散歩

「キャンピングカーなのに!」
と言われてしまいそうですが(笑)…。
テント設営
 夜な夜なテントを設営して、
その中で一晩を過ごした四万温泉の夜。

川を流れる水の音と、
木々の音、虫の音だけに包まれて、
ぐっすりと眠る事が出来ました。
夜明け
 お猿さんの声に一度は目覚めて早朝にテントを出て、
外の空気をいっぱい吸い込みました。
お猿に見下ろされているかも知れない…。
 再び目覚めた頃には、
すっかり明るくなっていましたが、
滅多に人が通る事はないので、
いつまで経っても静かな時間が流れていました。

けだま「今日もお散歩だ♪」
 テント宿営をしたすぐ近くの公園へ移動し、
朝からお散歩を始めるけだまとおたま。
おたま「こんな階段、へっちゃらよ!」
 ちっちゃな体をフルに動かして、
おたまは最近階段昇降にご執心です。
けだま「ぼくはこっちの方が楽だなぁ~」
 2歳差の知恵と経験を使って、
けだまは楽な登り方を選択します。
おたま「けだまお兄ちゃん、何処にいるの?」
 原っぱに行けば、
ゴソゴソ潜って突き進む元気の良さに二人の差は見られません。
けだま「石の上にも…、3秒くらい、かな?」
 やっぱり一時間くらいはたっぷり遊んだでしょうか?
けだま「ぼくだって、実は階段得意なんだ♪」
 山間の天気は変わりやすく、
少々雨が降り出したので、
再び尻焼温泉に移動すべく、
公園を後にすることにしました。
おたま「この階段、どこまで続くのかしら?」
元気いっぱいのけだまとおたま。
家の中でヘローンとしている姿がウソのようです。
けだま「ぼくはもう少しここで遊んでも良いんだよ」
 「雨がいっぱい降って来ちゃうよ~!」
まだ遊び足りなさそうだったのですが…。

これ以上遊んでいたらずぶぬれになる可能性が高くなってきました。
おたま「わたしは雨も平気よ♪」
いや、おたまちゃん。そこで強がってもいいコト無いから…。

涼しく広いお外でけだまもおたまも、
元気がみなぎっていました。

しかし、また四万温泉から尻焼温泉に移動。
移動中、けだまもおたまもご飯とお水を飲んで、
ピクリとも動かず爆睡をして、
次のお外遊びの為、まるで鋭気を養っているかのようでした(笑)。

2 件のコメント:

  1. けだまちゃんもおたまちゃんも楽しそうにイキイキと遊んでて羨ましい☆うちのこは病院以外外に出ないから、たまには連れ出してあげたいんやけど、なかなかです(;´д`)

    返信削除
    返信
    1. かいぽんさん。
      色々なリスクは勿論考えてしまうのですが、
      家とは違う元気の良さを見ると、
      いくら室内飼いで十分と言われても、
      お外の空気を、大自然を感じさせてあげたくなってしまいますw。
      いつか、ほんのちょっとでもお外遊びができるといいですね♪

      削除