2012年8月23日木曜日

おたまのひとり遊び

おっとりなけだまとお転婆なおたまは、
時々その過ごし方に、ちょっとした温度差が生じる時があります。
おたま「必殺!頭突きーっ!」
けだま「・・・、痛くないよ」
人間で言えば、休日のお父さんみたいになるけだまと、
遊んでもらいたくて仕方ないちびっこのおたま。

しかし、おたまは特にふて腐れることなく、
けだまが構ってくれないとわかると
ひとりで遊ぶことも苦ではないようです。
おたま「何して遊ぼうかなぁ?」
 先ずは秘密基地でじっくりと遊びプランを練っています。
おたま「あら、これ何かしら?」
 そんな沈思黙考のおたまに、
ちょっとブレイクタイムにと、
ペットボトルのフタを差し出してみました。
おたま「もうちょっと近づけてみたいわ♪」
基地から少し身を乗り出して、フタを寄せていきます。
おたま「意外と軽いわね」

 噛もうとするとつるつる滑るフタに、
ちょっと手間取っています。
おたま「パクッ!逃がさないわっ!」
業を煮やしたおたまは、フタを基地に持って行こうとします。
しかし…。
けだま「はいはい、ちょっと通るよ~」
おたま「あっ・・・。」
半ば寝ぼけたお顔で、おたまの前を通り過ぎるけだま。
突然のけだまのお邪魔に、おたまも茫然w。
けだま「ふぅ~」
そのままけだまはビニール袋の中に顔を入れて、
落ち着いてしまいました。

おたま「わたしだって一人で遊べるもん♪」
 けだまに怒ったり、飛び掛るのかと思いきや、
既に次の遊びを始めていたおたま。

けだまがノンビリ気ままに過ごしていても、
おたまらしく、元気に遊んでいます♪

2 件のコメント:

  1. おたまちゃん、笑ってる?目だけじゃなくて口元も笑ってる!
    ペットボトルの蓋を押さえる手の先が白くてかわいい❤

    返信削除
    返信
    1. ととさん、私もちょっと笑顔に見えてしまいました♪
      指が3本だけ白いお手てで一生懸命に逃げるフタを押えて頑張ってましたわ(^^)

      削除