2012年7月31日火曜日

トンネルの引力

配管用パイプが我が家に来て数日経ちました。
けだま「さてと…」
 けだまもおたまも
トンネルとしてパイプが家にある事に
慣れてきた様子です。
けだま「だれもいないな?」
 比較的よく入るのはけだまです。
入口の反対の方をコツコツ叩くと
シッポを振って一気に向かってきます。
おたま「けだまお兄ちゃん、見つけたっ♪」
けだま「しまった!」
 おたまは比較的、パイプの外から
けだまがやってくるのを待ち構えるのが好きなようです。
まるで完璧に捕食者役…。
けだま「もう一回!」
何度もトンネル遊びをするけだま。
けだま「もう出てきちゃった」
 行ったり来たり、
中でゴロゴロしたり、思う存分堪能してます。
おたま「わたしも入ってみようかなぁ?」
あまりに楽しそうにしているけだまを見ているうちに、
おたまもトンネル遊びがしたくなってきたようです。
おたま「あら、ここはどこ?」
数分後、中から顔を出してきたのはおたまでした。
おたま「はっ!見たわね!!!」
 鋭い視線でこちらに気づくおたま。
おたま「カプカプッ!」
 手を差し伸べると、
一気にカミカミ攻撃を受けてしまいました。

「おたまさん、トンネル遊びは如何ですか?」
ちょっとインタビューしてみました。
おたま「なかなか面白いんじゃない?」
一頻り指をかんだ後にお答えをもらいました。
喜んでもらえて何よりです。

トンネルにはイタチを引き付ける
不思議な引力があります。

0 件のコメント:

コメントを投稿