2012年7月21日土曜日

思い馳せるのは大自然

ある日のけだま。
けだま:ふぅ、お外に行きたいな~
久々の先日のドライブが楽しかったのでしょうか?
窓越しに空を眺めています。
けだま:遊んで気分転換しようかな♪
ちょっとボールと戯れてみようとしますが…。
けだま:うん、ちょっと物足りないナ。
すぐに窓のそばを落ち着きなさそうに歩いています。

一方のおたまも…。
おたま:はぁ、穴掘り、素敵な経験だったわ♪
やはりおたまも窓の外を眺めています。
おたま:けだまお兄ちゃんにお願いしてみようっと♪
思い立ってけだまのもとへとおたまがダッシュします。
おたま:けだまお兄ちゃん、お外行きたい!
寛いでいたけだまに、おたまが催促します。
けだま:ぼくはきっと、この扉が開けば、お外の穴掘りに行けると思うんだ♪
おたま:そうなの!?なら、早く開けなくちゃ!
無理です(^_^;)。
それはどこでもドアではありません(笑)。
けだま:ねぇ~、穴掘りに行こうよぉ~!
おたま:お外…。
なかなかのんびりと遠出できないけれど、
森の音、川のせせらぎ、
緑の中の木漏れ日・・・。
そんな中で穏やかで楽しい時間は幸せだったね。

熱い催促にタジタジになりますが、
また行けるといいな、と皆で思う今日この頃です。

0 件のコメント:

コメントを投稿