2012年1月16日月曜日

放下着

ほうげじゃく : なんだって捨ててしまいなさい

「捨ててしまいなさい」と言う意味。
禅の言葉は徹底的に言い切ります。
「捨てるものがない」なんて言うと、捨てるものが無いと言うそのことさえ捨ててしまえ!と。

名刺の肩書きが捨てられますか?
妻という立場が捨てられますか?
学歴が捨てられますか?
貯金が捨てられますか?

20種類もの薬を毎日服用していた人が、全てやめてしまったら健康になったという
お話もあるそうです。

捨ててこそ、「本来の立場」がくっきりと浮かび上がってきます。
荷物もおしゃれも保険も持たずにたびにでるということは、旅の目的をはっきりさせます。
その身軽さ、爽快さを味わってみてください。

捨てても生きられる人こそ本物。
すっぴんのあなたが素敵だと信じて欲しい。

「ほっとする禅語」より引用させて頂きました。ありがとうございます。

私たちは、裸のままではいられない。
いつの間にか、衣服や鎧と同様に色々な地位・身分・ プライド・様々な所有物の中で
ヒソッと身を隠しつつ、本当の姿を隠して生きているのかも知れません。

ちなみのタロットカードの「愚者」は
純真無垢、何も持たずに旅立つ青年の姿を現しています。
何も持たないからこそ、あるのは進むべき自分次第の変化への希望。

洋の東西を問わず、昔から人間は同じことを後の世に伝えたいのかも知れません。



0 件のコメント:

コメントを投稿