2011年11月19日土曜日

けだまのけだま予防

 フェレットは、非常に腸管が短くて腸閉塞(イレウス)を起こしやすいと言います。その腸の長さもタバコ1本くらいなんだとか。

人間の腸閉塞も、吐いてお腹を痛がって、のたうちまわって、ショックのあまり意識をなくしてしまうようなケースをしばしば見てきた私には、ちっちゃいけだまに腸閉塞にはなって欲しくないと思い(他の病気もモチロンですが)、できる予防はしておきたいと願っている次第です。

けだまによるけだま予防(なんかややこしい)

そこでおやつ。
けだま本人の好みを勘案すると、無理のないけだま予防は

・パパイヤのドライフルーツ
・青パパイヤ成分入りのペーストおやつ。

しかし、飼い主としての残念点。

ペーストを食べるけだまの顔が…まるで別モノ。
とても美味しいようで、ものすごい勢いなのですが、その粘稠度が高いためか、
 目を細め…
 鼻のうえにしわを寄せ…

これではまるで、タスマニアデビル(@_@;)!


いつもこの顔なら…

美味しいから逃げもせず、積極的によってくるのでしょうが、
「不味いの!?」と聞きたくなるくらいの豹変ぶり。

初めてこの顔を見てしまった時の驚きのショック、未だに忘れられません(笑)
知人にこの顔を見せた時は「ウワッ!」の後に大爆笑のコースをたどります。







どこのフェレットちゃんも同じようなお顔で召し上がるのでしょうか?

…、…。
しかし、もう少しお上品なお顔で食べてくれないかなぁ?


いまのところ、腸閉塞にはなっていないので美味しく、楽しくけだまのけだま予防は続いています(^^♪

0 件のコメント:

コメントを投稿